「たちあがれ日本」~「太陽の党」~「日本維新の会」へ合流!今後の日本を担うのはどの人物でしょうか?

たちあがれ日本党と人物

日本の政党『たちあがれ日本』や、『たちあがれ日本』に関わった人物ついて色々とまとめてみました。

たちあがれ日本と平沼赳夫

平沼赳夫

平沼赳夫は、衆議院議員(11期)、日本維新の会国会議員団代表。運輸大臣(第70代)、通商産業大臣(第66代)、経済産業大臣(初代・第2代)、たちあがれ日本代表を歴任。養父は第35代内閣総理大臣の平沼騏一郎です。佐藤栄作、中川一郎の秘書を経て、1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙、1979年(昭和54年)の第35回衆議院議員総選挙に立候補しましたが、連続して落選。落選の最大の理由は、当時タブーとされた憲法改正を前面に掲げて戦ったためであるといえます。

政策

外国人地方参政権、人権擁護法案(人権侵害救済法案)に明確に反対しています。北朝鮮による日本人拉致問題についても、拉致被害者の早期の救出を目指している。平沼が人権擁護法案(および人権侵害救済法案)に反対するのは、人権侵害の定義が曖昧、拡大解釈が可能、人権委員に令状なしで立ち入り捜索や押収などの強力な調査権を与え、強力なメディア規制条項を備えていて、治安維持法化する危険性と問題を持っているため。真の人権擁護を考える懇談会の会長を務める。保守色を前面に打ち出している政治家の1人。ただし同党の石原慎太郎、橋下徹とは異なり徴兵制には反対しています。また、外国人住民基本法案にも逸早く反対の姿勢を示しています。

誰が日本のリーダーになるのか?!

現在の高度なエレクトロニクス産業の発展の中で、プリント基板設計技術は、極めて重要な役割を果たしています。この技術分野の将来性に、いち早く着目し、昭和43年から取り組んでまいりました当社へぜひご依頼ください。
鉾田市 不動産を知っているあなた、そして知らないあなたもよろしければ是非一度お店に顔を出しませんか?当店の自慢は、鉾田市の新築物件を数多く取扱っているところが自慢です!今この近隣でこんな不動産を多く取扱っているのは鉾田市 不動産以外に他はありません 。家賃などの心配もあると思いますが、私どもがお客様の懐にも優しい物件を紹介して、快適かつ、優雅な暮らしになるよう、お手伝いさせていただけませんか?あなた達の幸せは、私達の幸せも同然なのですから 。

略歴

◇1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにしました。

◇1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命されました。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流しました。

自民党時代

自民党ではポスト小泉(小泉退陣後の後継総理)の有力候補として注目されていましたが、小泉内閣後期では拉致問題や政治手法の違いから徐々に溝が生じ、2005年(平成17年)7月5日、郵政民営化法案の衆議院本会議採決で反対票を投じました。このため同年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認を得られず、無所属で出馬。自民党公認の阿部俊子を破り、9回目の当選を果たしました。特別国会の首班指名選挙では、小泉純一郎に投票しましたが、郵政法案の衆議院再採決では反対票を投じました。解散総選挙で自民党を非公認になり、無所属で当選した13人のうち再び反対票を投じたのは平沼一人でした(野呂田芳成は欠席)。

立ち上がれ日本は今も進化しています!

宝塚 賃貸を貸したい方に朗報!通常、物件を内見した上での査定ですが、お急ぎの方にはFAXやTEL等での簡易査定も承ります。賃貸物件や周辺の過去の事例を考慮しながら査定致します。

無所属時代

  • 2006年(平成18年)10月以降に注目された郵政造反組復党問題では無所属造反議員の中心となり、自民党執行部との交渉役となっていましたが、自民党幹事長の中川秀直(当時)から要求された復党条件に反発しました。中川と平沼の交渉が注目され、2人がかつて同じ三塚派に所属していた時代の過去の確執も取り上げられました。結局、復党では誓約書にただ一人署名せず、他の11人の復党を先行させるかたわら自らの復党は見送る判断をしました。
  • 2007年(平成19年)7月の第21回参議院議員通常選挙では岡山県選挙区でかつて所属していた自民党候補である片山虎之助への支持を表明しました。選挙では、平沼の選挙区である岡山3区内での投票では片山は民主党候補姫井由美子より約4000票上回ったものの、他の地域では姫井が片山より票で上回る地域が多かったため、片山が落選する結果となりました。
  • 2008年(平成20年)2月18日、民主進歩党主席で中華民国総統の陳水扁(当時)から、日台友好に長年にわたって寄与した功績により「大綬景星勲章」を佐藤信二とともに授与されました。同年5月20日には、先の選挙で民進党を破り、新たに同国の総統に就任した中国国民党主席の馬英九の就任式にて、石原慎太郎東京都知事らとともに出席しました。
  • 2009年(平成21年)7月22日、都内のホテルで、保守系無所属の元衆議院議員や地方議員らでつくる「平沼グループ」の結成を発表。平沼は「新しい第三極」を目指していて、衆院選後に新党を結成する方針を明かしました。また、総務大臣を辞任した鳩山邦夫や、自民党を離党した渡辺喜美らとの連携にも含みを持たせました。
  • 2010年(平成22年)1月16日、岡山県津山市で開かれた後援会新年会にて、次期参院選に向けた対応について「自民党としっかり連携していくとともに、新しい流れ、新しい政党をつくる」と述べ、参院選前に新党を結成する考えを明言し、自民党との連携も明言しました。
  • 2010年(平成22年)4月10日、自民党を離党した与謝野馨、園田博之らとともに新たな保守新党『たちあがれ日本』を結成。平沼が同党の代表を務めることとなり、同時に衆議院会派「国益と国民の生活を守る会」を離脱しました。
  • 2010年(平成22年)4月17日、永住外国人への地方選挙権付与(日本における外国人参政権)に反対する集会に参加し、「(法案阻止のために)命を懸けて頑張る」と述べました。
  • 2010年(平成22年)8月15日、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会のメンバーらと共に靖国神社に参拝しました。その後たちあがれ日本は、石原慎太郎が東京都知事の職を辞した際に新たな保守勢力の結集を目指して彼を迎え入れました。
  • 2012年(平成24年)11月13日「太陽の党」に党名変更(選挙法制上は「新党改革」のパターンを踏襲)。平沼は石原とともに共同代表となりました。しかしその3日後に衆議院は解散。11月17日、太陽の党は所謂第三極の結集を目指すため、日本維新の会と合併して解散することになりました。衆議院のほうの解散で国会議員は失職したものの、新たに国会議員団代表に就くことになりました。