ホットヨガってどんなヨガ?大量発汗の意味とヨガとの違い

「ホットヨガ」とは、室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガを意味します。この室温は体を一番柔軟にするとされる温度であり、多湿な環境は発汗を促します。ヨガのゆっくりとした動きやポーズは、自然に筋肉を伸ばすことや、インナーマッスルを鍛えることを目的としています。スタジオヨガとの違いは、ホットヨガは高温多湿の環境で、早い段階から筋肉を柔軟にするため、より効率的に無理なく筋肉を伸ばすことができるという点が挙げられます。 汗をかくことは本当に気持ちがよいものです。普段あまり汗をかかないという方は、ぜひホットヨガで発汗してみましょう。

Screenshot of beauty.hotpepper.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です